Wifiと通信速度が遅くなる原因について知ろう

Wifiはスマートフォンやタブレット、パソコンなどネットワーク接続が可能な機器を、ワイヤレスでデータ通信を相互に行うことができるLANと呼ばれるネットワークに接続する技術の事です。


自宅や職場等でWifiを使うには専用のWifiルーターが必要で、パソコンに保存したデータを家族で共有したり、スマートフォン等で撮影や保存した写真をプリンターで印刷したりと、さまざまな家電と連動することができます。

Wifiを利用していると気になるのが通信速度です。


通信速度が遅くなる原因として挙げられるのはルーターの置き場所が悪い、電波干渉が起きている、接続している端末数が多いなどです。

ルーターは接続する端末と距離があると、障害物などによって電波を受信しにくくなります。

特に電子レンジや電話機など同じ周波数帯を利用している機器が近くにあると電波干渉を受けやすくなるので注意が必要です。
また接続している端末数が多いと回線が混雑してしまい、ルーターの上限を超えることで通信速度が遅くなります。

使用しない端末は接続しないか、ルーターを増やすなど対策をしましょう。

通信速度を少しでも速く改善する方法としてアンテナの向きを変えたり、ルーターの設置場所を変えるというものがあります。



アンテナが付いているルーターであればアンテナの向きを変えるだけでも改善することがあります。



またルーターはなるべく家の中心に設置し、水回りを避けた場所を選ぶようにしましょう。

上記の方法以外にも通信速度を改善する方法があります。

快適にWifiを使うためにもぜひチェックしてみてください。



top