無線LANはケーブルが必要がないので、デバイスを自由に持ち運びながらインターネットに接続をすることができるというメリットがあります。

最近は高性能の無線WiFiサービスが普及しているので、無線式のルーターでも光回線に匹敵するほどの高速通信で快適に利用することができます。無線LANを利用する場合には、親機との距離や障害物によって速度が遅くなって場合があるので注意が必要です。自宅で無線WiFiルーターを設置したら、最初に部屋ごとに回線速度を測定して調べてみることができます。

回線速度の測定ができるサイトがあるので、ブラウザを起動してサイトにアクセスして実測することができます。快適にインターネットが利用できる回線速度の目安ですが、一般的な動画やゲームであれば下りで30Mbps前後必要です。高画質のストリーミング動画を視聴する場合でも、60Mbpsもあれば十分です。

ただし10Mbpsを切るような場合には、動画が途中で止まるなどの問題が発生します。無線LANは障害物の有無によって通信速度が大きく低下することがあり、例えば1階に親機を設置して3階で古希を使用する場合にはかなり遅くなってしまいます。親機から離れた場所で無線LAN接続を使用して遅いと感じた場合には、中継器や使用していない無線LANルーターを利用して利用可能な範囲を広げることができます。離れた距離で高速かつ安定してインターネットを使用したい場合には、LANケーブルを用いて接続をする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *