無線LANには規格があり現在は6種類あります。

最初は1種類しかありませんが日が経つと新規格が制定されて増えていきました。6種類を周波数帯に分類すると3種類に分けられますが、周波数の数が大きいほど大容量のデータを通信できて通信速度は速いです。

しかし、高周波数の電波だと障害物に当たるとそのまま止まってしまう性質があるため、障害物に弱い問題があります。反対に数が小さいものは通信速度は遅めですが障害物に対して電波がよけて進む性質があるため障害物に強い特徴を有します。電波の周波数規格によっては、電子レンジや無線キーボードといった機器を使用すると電波が干渉してしまい無線LANの速度に影響を及ぼすものがあります。

その場合は、干渉しない規格を使用すると回避されます。無線LANの機器を購入する際には、対応する規格の多いものを選ぶのが望ましいです。無線LANを使用するには親機であるルーターと、スマートフォンやパソコン、カードなどの子機が必要です。その際に、どちらかが古いものだと対応する規格が少ないため、少ない規格に合わせて通信してしまいます。そうすると、遅くなってしまうので注意です。最近はルーターの中にはビームフォーミングといって子機の位置を特定してそこに集中的に電波を送る機能が搭載されています。その機能についてすべての子機が対応しているのではないため、ルーターを購入しても速度の効果が得られない場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *