タブレットはスマートフォンとパソコンの良い面を併せ持つ新製品です。

パソコンよりも低価格で販売されています。そしてスマートフォンとは違い、いわゆる携帯電話会社のショップに行かなくても所有可能です。家電量販店やネット通販店で低価格で販売されています。キャリア系タブレットに比べて普通のお店で販売されているWifiタイプのタブレット端末は値段が手ごろであり、別途通信回線を契約する必要がありません。

既に自宅にWifiルータがあれば、購入後に接続をすればOKです。android型やwindows、そしてアップル系の端末がありますが、いずれも一般的な家庭用Wifiに接続できます。スマートフォンのモバイル回線よりもWifiに接続した端末の方が高速アクセスが実現しますので、メインの作業はタブレットで進めた方がストレスフリーです。iPhoneでは簡易的な作業を、例えばメールの確認やEメールの送付などを進め、動画再生やネット通販や検索による情報収集などは、ipadで進めましょう。

製品単位で役割分担をすれば、より快適に情報収集と雑用が進められますし、ミスも減るはずです。文書が中心のSNSやメールの利用は低速でも待ち時間は感じにくいですが、動画や画像がメインの作業は高速の回線でなければ度々画面がロード状態になります。高速回線につなぐ事で、延滞なく動画が流れるようになりますので、私室や書斎でipadをテレビ代わりにしたい方は、Wifiに繋げるのがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *