WifiLANの高速規格にはIEEE802.11acとDraftIEEE802.11axとがあります。

IEEE802.11acでは最大転送速度は8ストリームでの計算値として6.09Gbpsと言われています。しかし、ルータ側では、4ストリームまでが最大で、クライアント側ではほとんどが最大2ストリームで、最大ほぼ800Mbpsの転送速度で利用しているのが現状です。

DraftIEEE802.11axはDraft(暫定の意味)と示す通り、暫定での規格ですが、最大2.4Gbpshavの高速WiFiアクセスを可能とする規格です。クライアント側のスマートフォンやPCなどには、Wifi802.11acに対応するチップを、インテルやクアルコム、東芝などが近く発売することを発表しています。WifiLANルータでは、MU-MIMO(Multi-UserMultiInputMultiOutputの略で、複数ユーザの複数入力・出力の意味)技術を利用しています。

従来はSU(SingleUserの略で単ユーザの意味)のMIMOで、単ユーザでの転送速度向上の技術でした。この技術はOS(OperatingSystemの略で、コンピュータ基本システムの意味)でのシングルユーザOSをマルチユーザOSへの進化を経験して来たパスでもあります。Wifiルータが完成し、販売されてもクライアント側ではスマホがMU-MIMOに準拠していなければ高速化にはなりません。スマホ端末では未だ高速化規格に準拠するスマホが少ないのが現状です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *